山口発着の国内旅行・日帰りバスツアー海外旅行のサンデン旅行
サンデン旅行は日帰りバスツアー、イベントツアー、
野球観戦ツアーなど山口県発着の商品をお届けいたします。
旅行のご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ083-232-8866営業時間10:00~19:30
1日間
旬の味覚を堪能 【バス停】Fルート/サンデン小月(営)バス停~東駅出発
(サンデン小月~東駅発)中津名物・鱧料理と若宮八幡神社の紫陽花
出発地 各地 Fルート(詳細はコチラ 目的地
設定期間 2018/06/11~2018/06/16 ツアーコード JB-2018-002205
基本代金 \10,500~\10,500(日帰り)

コースのポイント

大分県中津市の特産物「鱧(ハモ)」
 高級魚として知られるこの魚は、全長1~2メートル程度の、細長い姿で鋭い歯を持つ海水魚です。中津城二代目城主細川忠興が、中津入城の際に漁師達を中津市に移住させ、鱧がさかんに食されるようになりました。
瀬戸内の漁師の間でも、「はも漁やはも骨切りは、中津小祝の漁師が開祖」との口伝が残されています。

調理方法
 その調理は大変で、まず、活けじめ→血抜き→腹側から開き→背びれ抜き→ 皮の表面のヌメリ取りを行って、やっと骨切りができる状態になります。しかも小骨が極めて多いため、 皮を切らずに身を小骨ことミリ単位で刻みをいれる「骨切り」 という技術が必要です。それゆえ素人にはなかなか手に負えず、職人・板前の腕の見せ所となっているそうです。

夏の味覚として欠かせない味
 大きな理由は、夏場は水分を多く含むため脂肪分が少なく、さっぱりした味を楽しめるからだそうです。鱧はウナギ目に属します。ウナギやアナゴは脂ののった濃厚な味が魅力ですが、鱧は味わい深く上品で淡泊な味が魅力です。鱧には脂分が多くない代わりに、旨み成分であるアミノ酸がより多く含まれており、白身の淡白な上品な味わいで、クセもなく美味しい魚です。
 夏の6月~7月あたりが旬です!
               ~HP《はも家割烹 瑠璃京》より参照・抜粋~
上品で味わい深い、
淡白さが魅力の鱧料理
※写真はイメージです
熟練の職人技で骨切り
した鱧は舌触りがと
てもやさしいそうです

ツアー日程詳細

1日目 各地(7:30~10:20)===はも家割烹 瑠璃京【昼食】===若宮八幡神社【散策】===道の駅なかつ【お買物】===各地(17:40~20:00)
宿泊施設  
食事 朝×  昼○  夕×

ツアー条件

宿泊日数 1日 食事条件 朝:0回 昼:1回 夕:0回
「鱧御膳」 メニュー(一部):お刺身、湯引き、しゅうまい、ほか
添乗員 あり 現地係員 なし
最少催行人数 30名様
  • 口の中に広がる鱧の
    旨みと甘み
    ~瑠璃京の鱧シュウマイ~
  • 約2,000株が咲き誇る
    若宮八幡神社の紫陽花

旅行代金

在庫表記 ◎:15以上 ○:8-14 △:1-7
×:販売終了 -:受付終了 RQ:リクエスト受付
旅行代金(お一人様)

※()カッコ内は子供料金

旅行代金に関するご案内
★小人の食事は基本、大人と同内容です。ご希望がある場合は、お電話またはメールにてお問い合わせください。(コチラ
■座席・食事等不要のお子様は、一律500円です。

■予約確定日より3銀行営業日以内に旅行代金をお支払いください。

※リクエスト受付とは…?
お申し込みいただいた後、手配を開始する商品です。よって、リクエスト受付でのお申し込みが完了した時点では予約は確保されておりません。改めて手配結果を弊社よりご連絡させていただきます。

※キャンセル料についてはコチラよりご確認下さい。
お申込期限
出発日9日前まで販売を行っております。
◆出発時間が早朝になった場合、公共の交通機関がない場合がございますので予めご了承ください。
◆保護者が抱いて参加される幼児は、シートベルトが使用できませんので予めご了承ください。
◆奇数グループでご参加の場合、バスの座席が前後に離れたり相席になる場合がございます。
◆車を運転される方の飲酒はご遠慮ください。
◆お子様のお料理につきましては別途お問い合わせください。

問い合せ先/旅行企画・実施

お電話でのご予約・お問合せの際 ツアーコード<JB-2018-002205>をオペレーターにお伝え下さい。

ご予約・お問合せ

サンデン旅行㈱ シーモール営業所
083-232-8866 (FAX:083-232-2868)
【総合旅行業務取扱管理者】白石 恭子
【営業時間】10:00~19:30
【休日】土・日・祝日も営業

旅行企画・実施

サンデン旅行株式会社
【住所】〒751-0806  山口県下関市一の宮町3丁目10-5
【登録番号】観光庁長官登録旅行業第1599号
【加入旅行業協会】一般社団法人 日本旅行業協会正会員


Copyright (C) sandenryoko All Rights Reserved.